シンスプリントの治療でお悩みのあなたへ



シンスプリント 治療


はじめまして、整体師の稲村と申します。
スポーツ障害の治療をしていると、
シンスプリントでお悩みの方の相談をうけることが多くあります。
シンスプリントは、
対処法さえ間違えなければ、非常に短期間に改善するスポーツ障害です。




シンスプリントのような慢性痛型のスポーツ障害については、
改善のための対処法が一般には伝わっていません。
充分な対処ができないために、回復が遅れ、
どうせ治らないなら、と痛いのに運動を続ける方が多くおられます。
そこから疲労骨折に発展し、スポーツを断念する方もおられます。


早期に改善するためにも、
シンスプリントに対する正しい知識と、
対応を知っておく必要があると思います。


シンスプリント、治療


シンスプリントとは



シンスプリント(脛骨疲労性骨膜炎)は、
陸上競技や、バスケットボールなど、
脚を酷使するスポーツに多い
スネ一の部分に痛みがでるスポーツ障害です。
たいていの場合は疼くような鈍痛なのが特徴。
痛みを感じては休み、復帰するとまた痛むというサイクルを繰り返して
慢性化させやすい症状ともいえます。


シンスプリント、治療

症状がひどくなるにつれ、
日常の起き上がりの動作や歩行などでも痛むようになってきます。


きちんと治癒しないまま運動を行なうと疲労骨折に発展する場合がありますので、
それまでにしっかりとしたケアが必要だと考えています。

シンスプリント 治療

シンスプリントの原因とは



一般的には、
患部への疲労の蓄積によるものと考えられています。
しかし、どれだけ激しい運動をしていてもシンスプリントにならない人もいます
全く運動をしていないにもかかわらず、
シンスプリントの症状が出てくる人もいます。
つまり、単純な練習による肉体疲労が原因とは考えにくいと思われます。



なぜ痛みがおこるのでしょうか。



私は長年、関節痛を研究してきた経験から、
捻挫や打撲のような外傷ではないスポーツ障害の原因は、
器質的な問題ではなく、自律神経システムの不調によるものだと考えています。


器質的な問題とは、靭帯が断裂していたり、
骨折していたりという怪我のようなものです。
この場合は患部に炎症があるため、
時間がたてば自然に治っていきます。


一方、システムの不調というのは、痛い部分に問題があるのではなく、
自律神経というシステムの不調によって、
筋肉、筋膜のバランスが崩れ、
血行障害がおこって痛みを発すると考えています。


当院ではシンスプリントの原因は、
自律神経の緊張による筋肉の血行障害だと考えています。


患部に症状の原因があるのではなく、
自律神経という患部以外のシステムに原因があるため、
今まで患部に直接電気をあてても、
アイシングをしても、
十分な効果が得られなかったのだと考えられます。


当院では、今まで着目されなかった、
自律神経というシステムに働きかけ、
なかなか治らないといわれるシンスプリントを短期間で改善させていきます。

a:11492 t:4 y:12