当院の施術の特色

京都整体生活

当院の理念

痛みをとるということ

痛みや自覚症状は、病(やまい)そのものではありません。
痛みは、不調をしらせてくれるための信号です。

本来、慢性の痛みの本当の原因は、内臓(五臓六腑)の弱りや偏りです。
痛みとは、内臓の働きの弱りや、バランスの偏りを教えてくれるための信号なんです。

痛み止めなどで痛みを止めてしまう行為は、火事がおさまっていないのに、警報機だけとめるようなもの。
気づかないうちに、体の中で、火が燃え広がってしまい、危険ですらあります。

当院では、痛みをごまかすための施術は一切行っておりません。

痛みの原因である五臓六腑の弱りを改善することで、自然と痛みのない、
本来のあなたの身体にもどっていただくことが目的です。

力を使わない施術

日々、臨床をしながら研究をかさねることで、
足首に、わずかに手を置く程度の圧力で、治りづらい慢性の痛みに対処することが可能になりました。
痛む場所に触れず、圧力も加えないため、人工関節の方や、高齢者、敏感な子供さんでも、安全に安心して施術をうけていただけます。

股関節痛の原因

極限まで指先の感覚を磨く

痛い部分やその周囲には触れずに、改善させるためには、
高い集中力をもって体を観察し、お体の状態、痛みの原因を徹底して追求することが必要になります。

ごまかしのきかない、繊細な施術を行うことで、施術を重ねるたびに、感覚は研ぎ澄まされていきます。
そして、研ぎ澄まされた指先の感覚が生み出す施術効果に、
絶対の自信を持っております。

変形性股関節症の原因

当院の施術のデメリット

一方、デメリットもあります。

高い集中力が必要になりますので、流れ作業的にはできず、一日にみることができる人数に限りがあります。

私一人が診ることができる人数は限られていますが、一期一会を大切にし、ご縁がある方の改善にすべてをかけています。

股関節痛の原因

先人の知恵をひきつぐ東洋医学

当院の施術は、伝統的な東洋医学の考え方を基本としています。

東洋医学は、一見、漢字や専門用語が多く、難しいですが一度その世界にふれると、
昔の人は、この知恵をどうやって考え出したんだろうと思うほど、現代医学以上に精密で、底知れない先人の知恵と鋭敏な感性に圧倒されます。

数千年にわたって、人々が実践し、積み上げてきた結晶が、東洋医学だといえます。

先人たちが遺した、この、すばらしい東洋の知恵が、あなたの痛みの原因を根本から紐解き、改善への道筋をたてていきます。

治ったら、何がしたいですか?

あなたが、少しでも早く、買い物に行ったり、映画をみたり、犬の散歩をしたり、
痛みのなかった頃のように、当たり前の日常を取り戻すことに、私は全力をつくします。
ひとりで抱え込まずに、一緒に、がんばりましょう。

股関節痛の治し方