そうだ、整体師になろう その1 マッサージ屋の苦悩

京都整体生活

 

むかしむかし、開業するはるか前。

私がまだマッサージ屋さんで働いていたころ、

私は、そのお店で一番指名の多いマッサージトレーナーでありました。

お客さんのやってほしいところ、ツボ、は感覚的にわかる体質だったので、

ありがたいことに、みるみる指名が増えていきました。

 

お客様にも喜んでもらえて、

これが天職だなあと、日々楽しく過ごしていたのですが、

一年ほどたったあるときに、カルテをみて、ふと気づきました。

 

あれ?Aさんって、最初、肩首コース20分だったのに、

今は肩首腰の40分コースになってるな・・・

頻度も月一だったのに、今は月に2回はきてはるな。

 

気に入っていただいてるのかな?

と思ってたのですが、Aさんがこられたときに、

思い切って聞いてみました。

すると、

「前は、月一でなんとかいけてたんですけど、今はもう月1回じゃ毎日しんどくて・・・」

「あと20分だと物足りないので40分にしてもらってます」

「正直40分でも足りない感じです」

 

自分のカルテをよくよく調べてみると、

ご指名をいたたいてるほとんどの方は、頻度が上がったり、時間が増えたりしていました。

 

おいおい!これは、もしかすると、

 

ひどくなってないか??

 

いや、でも喜んでくれてるし、

その場ではすっきりしてるし・・・

来てくれてるし・・・

 

でも、来店の頻度などの数字をみると・・・

 

状態の悪化はあきらか、ですよね・・・・