そうだ!整体師になろう その5

リラクゼーションサロンで働きながら、技術を向上させるために、
整体のスクールに通った。

院長の施術を見学しながら、
研修生同士で練習もするというスタイルのスクール。
大手のスクールに通うより、より実践的に学べると考えて通うことにした。

そこで、気づいたことは、
「諦め業」なんだと言うこと。
ほっておいてもよくなるような軽傷を除けば、
ほとんどの人は、治らない。

でも通い続ける。
そして、通った結果、諦める。

そして、「初診から諦めるまで」その期間に得られた利益で治療院は成り立っている。

なんじゃそりゃ。

とさすがに思った。意味ないやんかと。
そう気づいたのは今から10年以上前で、
残念ながら今でもこの業界は基本的には変わってないと思う。

一生の仕事として、
精一杯のことがしたいのに、この結論はさすがに自分でもショックだった。

でも、治せる技術はどこかにあるんじゃないか。
勉強会巡りが始まった。

コメントを残す