治らないオスグッド病

徳島県からご来院のバスケをする中学1年の女の子Sさん。
小学校5年の終わりにオスグッドを発症。

痛みがひどくなると、部活を休み、少しよくなるとまた再開を繰り返していたそうです。
半年ほど前から、痛くないときがなくなってきて、
今はバスケは休止。

安静にして、ネットで検索していける範囲のオスグッドを扱うところにいくが、
ほとんど症状に変化がなく、当院に来院されました。

はじめ、
屈伸してもらって、症状を確認します。
90度ぐらいまで曲げると痛みのためにそれ以上曲がらない状態。
そこから頑張ると、急に痛みがなくなって下まで曲げることができます。

普通は、屈伸のときも、一番下まで行くと一番痛みが強くなるものなので、
確かに特殊な症状っぽいですね。

さっそく、
施術を展開して、お身体の状態をみていきます。

疲労の総量はそれほど多くはない感じ。
ストレス系の緊張がメインのようです。

体をぐるりと覆うストレス系の緊張層を解放していきます。
具体的な筋骨格系の緊張反応にたどりついたところで一旦確認。

「うーん、さっきといっしょ・・」

表面的な緊張反応を全て取りきってから再度確認。

「変わってないです・・・痛い」

かなり深い層の緊張層が表面化してきたので、
これを解放して確認。

「あれ、さっきより痛みが減ったかも。内側がいたくなってきました・・」

深層の緊張層がいくつかあるので、
時間内に、もう一つ解放して再確認。

「あっ!さっき90度ぐらいで痛かったのがなくなりました」
「今は、曲げきった時の方が痛いです」

やっと普通のオスグッドっぽくなってきたところで、
初回は終了。

2回目、翌日。

「昨日はあれから、いっぱい歩いたけど、そんなに痛くなかったです」

今日も曲げきったところで痛むようです。
再度、表面化している緊張を解放して、
特定のストレスの影響を排除して最終確認。

「あっ!曲げきったときも痛くない・・」

おお、結構とれづらかったですがなんとかなりました。
おそらく8割方改善しているとおもいます。

セルフケアをやっていただいたら、これで大丈夫だと思います。

もし、それでも痛みが残っているようでしたら、
あと一回やれば問題ないと思いますので、ご来院いただければと思います。