北海道から、坐骨神経痛のクライアントさん。

北海道から一泊二日で、
重度の坐骨神経胃痛の治療でご来院のSさん。

今年に入ってから坐骨神経痛が発症し、
病院での注射、リハビリなどをしていたがどんどん悪化。
9月ごろから、仕事を休職。
寝たきりに近い状態になる。

たまたま見つけた当院のホームーページに書いてある、

何もしないケア
痛い部分には、マッサージ、ストレッチ、コルセットなどをしない。毎日しっかり入浴し、冷たいものをさける

上記のことを守っていたら、
1ヶ月ほどで、外を歩ける程度まで回復。

そこからは、なかなか良くならないので今回ご来院いただきました。

施術前は、歩けるが足に痛みがあってひきづるような歩行状態。
お身体の状態をみていきます。

      

表層に少し複雑な緊張層があるので、これが、
温めや放置療法ではある程度以上取れなかった要因のようです。

これらを解放して、
症状に変化があるかどうかを確認。

あれ、お尻から足先までひきつるように痛かったんですが、今はスネから下だけになりました

sさん

どうように施術と確認を繰り返し、痛みはほぼゼロで初回は終了。

翌日は、セルフケアなので、
家で患部に触れずに全体の調整ができるケア方法をお伝えして終了。

今回の症状は、
お仕事でのストレスや冷えで、内臓の機能が低下し、
以前骨折した方の足に緊張が連動したことによって発生したようでした。
それが、間違ったケアでさらに悪化したという状態です。

大切なこと
とにかく、痛い時は、痛い部分には原因はないと考えて、下半身を温める。冷たいものを飲まない。夜の食事量を減らす。これぐらいで十分に回復します。