自分でできる冷えとり法 「乾布摩擦」追記

花粉症は東洋医学的には、
春に五行の木の気が高まることで、
体内の気が上昇して過剰な水分が顔に停滞すると発症すると考えています。

乾布摩擦して、
肺(東洋医学では呼吸をするところは肺に属していると考えられているので皮膚も肺)
を鍛えることで
体内の木気を抑制すると花粉症はかなり和らぎます。

西洋医学は原因を外に求めがちなので、
花粉やウイルスに目がいきますが、東洋医学は自身の内部に原因を求めるので、
体の状態がよければ花粉に反応しないと考えます。

発想の違いで、こうも見方がかわるのが面白いです。