田中さんの”踵の痛み”が治らなかった理由。

 

田中さんの足底筋膜炎の場合

田中さん(仮名)50代、男性。
マラソンが趣味
仕事は、営業で歩き回ることが多い。
朝一歩目、休憩してからの一歩めがとにかく痛い。
ジョギングもやめている状態。
通勤中、仕事中などはよく歩くので痛みがあり、
帰る頃には足を引きずるほど痛みが強い。

発症の経緯

一年半ほど前から、ジョギング中に、右足アキレス腱付近に違和感を感じ始めた。
ストレッチなどをしながら騙し騙し走っていたが症状がだんだんきつくなり、
日常生活にも痛みを感じるようになった。

病院を勧められ、整形外科では、
足底筋膜炎、右足に骨棘でているのでこれが原因といわれる。

 

今まで受けた治療

・接骨院で電気とマッサージ
・知人に教えてもらった鍼灸院で鍼治療
・指導された足裏のストレッチを実践
・インソール(余計に痛くなったのですぐ中止)

しかし、あまり効果はなかった。

足底筋膜炎とは?


足底筋膜炎
(そくていきんまくえん)または足底腱膜炎(そくていけんまくえん)とは、足の指の付け根からかかとまで、足の裏に膜のように張っている腱組織・足底筋膜(足底腱膜とも。以降、足底筋膜に表記統一する)に炎症が起き、小さな断裂を起こして痛みをもたらす病気。多くはかかとの骨の前あたりに痛みが起こる。主に40~50歳代以上で発症するが、若い世代でもスポーツ選手などに多い

(wikipediaより抜粋)

実際に足裏の痛みの方をみていて感じるのは、
足底筋膜炎という固定の病気があるというより、
原因のよくわからない足裏の痛みにそのような名前が付いているという印象をうけます。

また、人によっても、症状が違い、

かかと、アキレス腱、土踏まず、足の甲、くるぶし付近

など、場所も様々です。

 

また、痛み方も人によって違い、

鈍痛、刺すような痛み、電気が走る感じ、
突っ張り、足裏にゴルフボールが入ってるような違和感、
皮膚がもう一枚増えたような違和感、砂利を踏んでるような感じ

など多種多様で、
100人いれば、100通りの足底筋膜炎があるという印象です。

施術と経過

初回の施術

終了時の段階で、
歩行時の足裏の痛みは消失、押した時の痛みも消失。

2回目、来院時

朝起きた時の痛みは、約50パーセントぐらいに軽減。
少し走って見たが、3キロほど走ると痛みがでてきた。

3回目、来院時

朝起きた時の痛みはほとんどなく、
薄皮を張ったような違和感のみ。
仕事後も、痛みというほどではなく違和感レベルに。

15キロほど走ったら痛みはないが、
翌日の朝は少し痛む。

4回目、来院時

朝の痛みは走った翌日のみでそれからは特にない。
(たまに天気の悪い時は違和感)
仕事後の違和感もなし。
走った後の痛みもその後はない。

あとは、自然にしていても問題ないと判断したので、
4回で終了しました。

 田中さんの踵の痛みの原因はなんだったのか

4回の施術で田中さんの足裏の痛みはとれ、
ほぼ元どおり走れるようになりました。

結果的には、足の痛みの原因は、
東洋医学的な表現でいえば、

胃と脾の疲労

がメインでした。
胃と脾、大まかにいうと消化器系です。
食べ物を消化しエネルギーを作り体に巡らすのが胃と脾の役目。
この機能に問題がおこったので足裏の痛みとして体に出たようです。

施術後、お話をしたときも、

そうなんですか。
私は仕事が営業で帰りが遅くなるので、
晩飯が11時ごろになってしまって風呂にも入らずにすぐに寝るんですよ
なるほど。
毎日の食生活の時間帯に問題があって、
それが、足の痛みとして体にでてきたんですね。

まとめ

今回の足裏の痛みの原因は、
胃と脾でした。

このように、足が痛くて、足底筋膜炎だといわれても、
100人いれば、100人とも別の症状と言って良いと思います。

一般的には、
足が痛い場合、足をストレッチしたり、
マッサージしたりすることが多いですが、
それらは、よくなるどころか悪化の原因になります。

慢性の痛みの場合、
原因の多くは、五臓六腑の機能の失調にあります。

これが、経絡というルートに影響が及ぶと、

足が痛い。腰が痛い。頭がいたいなどの症状にかわります。

大切なことは、
原因をよくみきわめて、表面的な対処をしないことだと思います。

痛い時、あなたにできること

当院の施術の特色