腰から足先までが痛い。坐骨神経痛で京都市内からご来院のFさんのケース

お悩みの症状

 

京都市右京区からご来院のFさん。
50代、女性。去年の冬ごろから、お尻が何かの拍子に痛むようになり、
日が立つにつれ、太ももの裏、膝の裏、フクラハギと、どんどん下に広がっていった。

病院では、坐骨神経痛と診断された。
2ヶ月ほどリハビリに通うが効果はなく、近くの接骨院で強めのマッサージをしてもらったら、痛みがひどくなり、現在は無治療。

お仕事は事務職。
同僚の方のご紹介で来院されました。

施術と改善の様子

初回の施術

来院時は、院内を歩くだけで、腰から足先まで強い痛みがある。
初回の施術後は、スネに痛みが少し残るがそれ以外は痛みはなくなる。

 

2回目の施術(一週間後)

「あの後、その日はまた痛みがあったんですけど、2日後ぐらいから痛みが引いてきました」

「足の痛みはすごく楽になって、今は腰とお尻だけが痛みます」


膝と仙骨の緊張を緩和させて2回めは終了。

3回目の施術(10日後)

「前みたいなずっと痛い感じはなくなりました」

「長いこと座ってパソコンをしてるとお尻が痛いです」

左の肩甲骨周囲、下腹部の内蔵系の緊張をリリース。
これで、座ったときのお尻の違和感が消えてることを確認して終了。


4回目の施術(2週間後)

「もう全然だいじょうぶです!」
「ほんとにどこも痛くないってすごく久しぶりで不思議な気分です」

これで大丈夫そうですね。
坐骨神経痛はなくなりましたが、体が軽い状態を維持したいとのことで、1ヶ月後のご予約をいただき終了しました。

まとめ

今回の坐骨神経痛は、以前に痛めた膝と、骨盤の不調和によっておこっているようでした。

それだけなら強い痛みは出なかったと思いますが、仕事のストレスや、冬の寒さなどの影響で内蔵が緊張することで強い症状がでていました。

坐骨神経痛の場合、腰の骨と骨の間が狭くなって神経を圧迫して痛むという説明を受けることが多いと思いますが、日々施術していて感じるのは、腰から下の関節の不調和と、内蔵系の緊張が連動していることが大半だと思います。

これらの緊張をリリースすることで、ほとんどの坐骨神経痛と呼ばれる症状は改善していきます。