東洋医学の”おなかのなか”の働き